公益社団法人 京都府鍼灸マッサージ師会

お問合せ
音声案内

会の紹介と会員皆様へのお知らせを目的としたホームページです

鍼灸、マッサージを保険で受けるには?

はり・きゅう(鍼灸治療)のかかり方
健康保険(療養費)が使用できる要件
基本的に、慢性的な疼痛を主症とする疾患で、医師による適当な治療手段がなく、医学的見地から、はり師・きゅう師の施術を受けることについて、医師が認め、同意した場合『療養費』として健康保険による給付を受けることができます。

健康保険(療養費)の対象となる疾患
  ・ 神経痛 ・ リウマチ ・ 頸腕症候群
  ・ 五十肩 ・ 腰痛症 ・ 頸椎捻挫後遺症等
※神経痛やリウマチなどと同一範疇と認められる疾患であれば、給対象疾患に該当するものもあります。
医師の同意が必要です
健康保険扱いで、はり・きゅう施術を受ける場合は、3か月に一度、必ず医師の再同意が必要となります。
同意の無い期間は保険給付の対象外となります。
同意日(同意書の同意日)によって有効期間が異なります。
初療の日または医師による同意日、再同意日が
・ 月の15日以前の場合⇒当該月の翌々月の末日まで有効
・ 月の16日以降の場合⇒当該月の3ヶ月後の末日まで有効

1.同意書はこれからかかろうとする治療院にお問い合わせ下さい。
2.治療院で同意書用紙をもらいます。
3.同意書をかかりつけの医師、病院等に持参し、必要事項を記入していただきます。
4.同意書と保険証と印鑑を持って治療院へ行きます。
5.保険ではり灸マッサージ治療が受けられます。
はり・きゅうにかかる時の注意事項
同じ疾患(上記の病名)で病院や診療所等の医療機関での治療と期間が重複すると、 はり・きゅうの施術は、健康保険扱いとなりません。但し、診察、検査及び療養費同意書交付の場合は問題ありません。
※シップや薬を処方されている間の「はり・きゅうの施術」は、健康保険による給付の対象となりません。
『療養費支給申請書』は、確認して署名、捺印しましょう
施術者(はり師・きゅう師等)が本人に代わって『療養費支給申請書』を記入し、保険者(協会けんぽ、共済、健保組合、広域連合等)に健康保険給付分を請求する
(※代理受領による委任払い)場合は、『療養費支給申請書』の記載内容(傷病名、施術日、施術回数、金額等)は必ず確認された上で、署名及び、捺印をしてください。
領収書は、必ず受け取りましょう。
施術を受けられたら、領収書を受け取り、金額を確認してください。
また、領収書は確定申告の医療費控除の申請の際にも必要となりますので、大切に保管してください。
定期的に医師の同意が必要です。
健康保険扱いで、はり・きゅうの施術を継続して受ける場合は、3か月に一度、必ず医師の再同意が必要となります。
あん摩マッサージのかかり方(療養費)
健康保険(療養費)が使用できる要件
あん摩・マッサージ・指圧師の施術のうち、筋麻痺、関節拘縮等で症状の改善のために、医師が医療上必要と認めたもので医師の同意「同意書」があったものは、「療養費」として健康保険による施術が受けられます。
国家資格を有するあん摩マッサージ指圧師が、制限されている関節可動域の拡大と筋力増強を促し、症状の改善を目的とする医療マッサージを行った場合に、健康保険による給付を受けることができます。
ご注意ください
× 単なる疲労回復、慰安を目的としたものや、疾病予防のマッサージ等は、全額自己負担となります。
× 整体やカイロプラクティックなどは、民間資格者のため保険請求することはできませんのでご注意ください。また、同じ国家資格であったとしても柔道整復師、はり師、きゅう師は、マッサージの保険請求をすることはできません。
◎ あん摩マッサージ指圧師(国家資格者)のみが、マッサージに関する保険請求ができます。
施術者が、免許所有者かどうか確認しましょう!
あん摩マッサージ師の出張(往療)について
訪問マッサージ(往療)による施術は、症状が脳梗塞等による半身麻痺や半身不随などにおいて、麻痺のため歩行が不可能または甚だしく困難である場合に限り、往診料(往療料)が支給されます。
※通常の交通手段で通院可能な状態であれば往療料を請求することはできません。ご注意ください。
継続して施術を受ける場合は、定期的に医師の同意が必要です
健康保険扱いで、あん摩マッサージの施術を継続して受ける場合は、3か月に一度、必ず医師の再同意が必要となります。
同意の無い期間は保険給付の対象外となります。 同意日(同意書の同意日によって有効期間が異なります。
初療の日または医師による再同意日が
・ 月の15日以前の場合⇒当該月の翌々月の末日まで有効
・ 月の16日以降の場合⇒当該月の3ヶ月後の末日まで有効
領収書は必ず受け取りましょう。
施術を受けられたら、領収書を受け取り、金額を確認してください。
また、領収書は確定申告の医療費控除の申請の際にも必要となりますので、大切に保管してください。
「療養費支給申請書」は、確認して署名、捺印しましょう
施術者(あん摩マッサージ指圧師)が本人に代わって「療養費支給申請書」を記入し、保険者(協会けんぽ、共済、健保組合、広域連合等)に健康保険給付分を請求する(※代理受領による委任払い)場合は、「療養費支給申請書」の施術内容(傷病名、施術日、施術回数、金額等)を必ず確認された上で、署名及び、捺印をしてください。

マッサージについて

厚生労働省見解のマッサージの定義とは?
法第一条に規定するあん摩とは、人体についての病的状態の除去又は疲労の回復という生理的効果の実現を目的として行なわれ、かつ、その効果を生ずることが可能な、もむ、おす、たたく、摩擦するなどの行為の総称である。

昭和38年1月9日医発第8-2号(抜粋)
特定の揉む、叩く等の行為が、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律第217号)第1条のあん摩マッサージ指圧に該当するか否かについては、当該行為の具体的な態様から総合的に判断されるものである。
御照会の事例については、その行為の強度、時間等によっては、同条のあん摩マッサージ指圧に該当する場合もあると考えられるが、御照会の内容だけでは判断できない。
しかし、施術者の体重をかけて対象者が痛みを感じるほどの相当程度の強さをもって行うなど、あん摩マッサージ指圧師が行わなければ、人体に危害を及ぼし、又は及ぼすおそれのある行為については、同条のあん摩マッサージ指圧に該当するので、無免許者がこれを業として行っている場合には、厳正な対応を行うようお願いする。
また、同条のあん摩マッサージ指圧が行われていない施術において、「マッサージ」と広告することについては、あん摩マッサージ指圧師でなければ行えないあん摩マッサージ指圧が行われていると一般人が誤認するおそれがあり、公衆衛生上も看過できないものであるので、このような広告を行わないよう指導されたい。

「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」に関する疑義照会について(回答) 平成15年11月18日 医政医発第1118001号
鍼灸マッサージを業とできる者は?
名称の如何に関わらずマッサージを業とできる者は、医師以外では「あん摩マッサージ指圧師」の有資格者のみである。 第一条 医師以外の者で、あん摩、マツサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マツサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許(以下免許という。)を受けなければならない。
第十二条  何人も、第一条に掲げるものを除く外、医業類似行為を業としてはならない。ただし、柔道整復を業とする場合については、柔道整復師法 (昭和四十五年法律第十九号)の定めるところによる。

あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律

よくある質問

ページのトップへ戻る